2010年05月26日

普天間「持続可能な解決策を」…米国務長官(読売新聞)

 来日したクリントン米国務長官は21日午後、岡田外相と会談した。

 会談後の記者会見でクリントン長官は韓国の哨戒艦沈没事件に関し「北朝鮮の魚雷による攻撃であることは間違いなく、この暴挙を強く非難する」と話した。

 普天間問題について長官は「米国は日本の防衛に強く関与する。韓国の哨戒艦艇攻撃で分かるように多くの危険がある。作戦的に存続でき、政治的に持続可能な解決策を見い出したい。日米同盟の強さを繁栄した形で実現できると確信しており、期限を守るために努力を倍加していきたい」と述べた。

河村市長が橋下知事と連携 名古屋「議会戦争」の混沌(J-CASTニュース)
小沢氏、参院選へ支持要請=郵政法案成立を約束、局長総会出席(時事通信)
ゴクミ、2年ぶりCM出演で「ミネラルの女神」
クリントン米国務長官、21日に来日(読売新聞)
移設先「辺野古」に怒りの集会…鳩山首相沖縄再訪問(スポーツ報知)
posted by サワイ トシユキ at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。