2010年06月16日

火付け認め殺意は否認…経営者宅に放火の男(読売新聞)

 会社を解雇されたことを逆恨みして経営者の自宅に火をつけたとして、現住建造物放火と殺人未遂の罪に問われた住所不定、無職川地次郎被告(60)の裁判員裁判の初公判が15日、東京地裁立川支部であった。川地被告は放火を認めたが、殺人未遂罪については無罪を主張した。

 冒頭陳述で、検察側は灯油をまいて火をつけた縁側が経営者の寝ていた部屋の脇だったと指摘し、「就寝を待って放火しており、死ぬ危険性を認識していた」と主張。「捜査段階では被告が殺意を認めていた」とした。弁護側は「宿舎を追い出され、困らせようという気持ちだった。死んでも構わないとは考えていない」と述べた。

8月末までの地元合意困難=普天間工法の決定―北沢防衛相(時事通信)
みんなの党、阪急百の元部長を擁立へ 参院選大阪(産経新聞)
主導の執行役員ら5人関与か=経営陣の指示解明へ―振興銀検査妨害・警視庁(時事通信)
<はやぶさ>「挑む姿を教えてくれた」…豪州で最期見守る(毎日新聞)
両陛下、陶磁器試験場に(時事通信)
posted by サワイ トシユキ at 12:13| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。